勃起をしない男性は可哀想、自分はまだまだいけるなんて考えていると、損をするかもしれません。というのも症状をきちんと知っておかないと、早めに治療を開始することもできないからです。

その症状として、はっきりしているのは勃起ができないということです。これには自分一人でオナニーをするときにも勃起しないというものから、一人ではできても、女性を相手にすると勃起できないというものもあります。女性との時はたまたまと思っていたら、実は勃起不全だったなんてこともあるのです。もし、女性相手にしてみて、数回勃起ができないようだったら、疑ってみた方がよいでしょう。

次に特定の女性になると勃起ができないというパターンです。これも障害なのというかもしれませんが、そうなのです。このパターンは、妻や彼女を相手にするときに起こりやすいです。妻や彼女出ない場合には勃起するから大丈夫と思っていたらいけません。これも勃起不全だと覚えておきましょう。

このどちらでもないから安心かというとそうではありません。セックスのときの男性の悩みにも入る中折れがあります。中折れとは挿入している最中に射精もしていないのに萎えてしまうことです。男性は経験のあることですが、実はそれが毎回続いたり、特定の女性の時によく起こるようだと勃起不全である可能性が高いです。勃起しても持続できないのは年齢だけの問題ではなく、勃起不全の問題となるのです。

このような症状が出たら病院やクリニックへ

このような症状が出たら病院やクリニックへ行きましょう。最終的には専門の先生に見てもらった方がいいです。それにより、きちんと病気のことを理解して治療に入った方がいいのです。病院やクリニックでの診察も問診や検査をいくつかしてから、判定します。ペニスをみたりなどはありません。今でもかなりの男性が利用していますので、はずかしがる必要はありません。

このような症状をしっておけば、早めに病院やクリニックへ行こうかなという気持ちになれるかもしれません。また、パートナーがいればはっきりしたほうがまだ安心させられますし、一緒に治療にも臨めます。まずは勘違いしないためにも、勃起不全の症状についても知識は知っておきましょう。