バイアグラも多くの男性たちの悩みを解決してきました。とはいえ、あまりバイアグラについて知らないことも多いです。万が一に備えて、バイアグラについても知っておきましょう。

バイアグラが勃起障害に効く仕組み

バイアグラは、もともとは別の病気の治療のために開発が進められてきた薬でした。開発段階で実は勃起できない男性に効くことが見つかり、そこから勃不全を治す薬として販売されるようになりました。

販売当初には、まだまだ知識や副作用についても知られてなかったために、死亡事故が起きたこともあります。それもあるため、やはら服用する前には、正しい知識を知ることが必要なのです。徳に病院やクリニックへ行かない男性は、個人輸入しますからなおさら、必要ということになります。

勃起する仕組みとしては、男性のペニスは海綿体と呼ばれる組織で出来ており、この中に血液が流れ込むと勃起をするようになります。この血液が流れ込むのも、性的な刺激を受けてからになります。例えば女性の裸を見たり、触ったり、あえぎ声を聞いたり、また女性に触られるなどしてです。刺激と血液が勃起には不可欠と言うことです。

ところが勃起しなくなる原因としては、刺激をうけても十分に体が反応をしなかったり、さらに勃起するのを抑える物質が体に多く出てきているからです。通常はこの物質はセックスが終わると出てきて、勃起から通常の状態へとペニスを戻す働きがあるのです。それが過剰に出ると勃起しないのです。バイアグラは、その物質を抑え、勃起しやすくするのです。

このようなバイアグラですが、そのきく時間は3から6時間と短いです。また1粒が1500円前後しますので、試しにという感じでは使えません。大切に使うことが必要なのです。つまりはパートナーと計画的にセックスをしないといけないということです。飲んだのにセックスをしなかったら損してしまうのです。

また、食事を取ると効果が薄れたりもするので、飲むタイミングにも気を付けましょう。
あと、副作用も顔のほてりや目の充血、消化不良など色々ありますが、個人差も大きいです。なお他の病気やがあると死亡に至ることもあるので気を付けましょう。他の薬との併用は、よくチェックしてみてください。

バイアグラも正しく使えばかなりの効果が期待できます。他の薬で持続時間がながいのもありますが、バイアグラは短くても強く効果がでるようになっています。勃起障害治療には強い味方なのです。