年齢と共にペニスの勃起力は衰えます。しかし、心理的な要因や体調での要因など、いろいろな要因により勃起しなくなったしまうものです。

ついつい勃起障害になってしまったら、どうしたらいいか泰作ばかり考えてしまいがちです。しかし、対策を考える前に原因を知っておかないと、きちんとした治療や対策を打てません。原因について見ていきましょう。

まずは心理的な面です。パートナーの妻や彼女がいて、彼女らを満足させられなかったり、またセックスへのプレッシャーから勃起できなくなることもあります。

やはり妻や女性を気持ちよくさせたりと強くねがってしまうと、反応の薄さなどから自分は下手なんだと感じてしまったり、何かしら失敗をするとそこからうまくやらなきゃと感じるようになります。

するとプレッシャーやストレスとなり勃起しなくなることがあります。他にも長く一緒にいると、興奮しなくなったり、飽きたりして自然と勃起しなくなるようです。

体調の面として、実は他の病気例えば糖尿病や高血圧などからくる勃起不全もあります。これらは神経や血管にえいきょうしてきます。すると、ペニスへの血管や神経も正常に働かずに勃起に必要な血液や物質がまわらなかったり、勃起阻害の物質が放出されてしまうなどして、勃起できなくなるのです。

心理的な要因の場合には、パートナーの女性の協力も必要です。女性に性的な刺激をしてもらったり、挿入はできなくても、前戯れをしたり、スキンシップを図るなどして徐々にプレッシャーやストレスを無くしていくことです。

あと体調の要因の場合には、まずは病院で診察を受けてみて、他の病気がないかを調べます。そして、その病気をまずは治療していくことです。その仮定でED治療薬を併用できるか確認して、服用していくといいでしょう。

もちろん必ずどちらかにぶんるいされるのではなく、混合することもあります。しかし、体調も整えながら、さらにパートナーの女性の協力がある方が断然回復へと向かいやすいのです。

パートナーがいれば相談をして一緒に治療を頑張りましょう。もちろん、病院やクリニックへ相談をすることも必要です。まずは相談をして、焦らずに治療を行っていきましょう。