男性にとって、勃起障害は他人事ではありません。自分は大丈夫と思っていたらいつの間にか勃起しなくなっていたなんてことも珍しくはありません。いつ、あなたに訪れるかもしれない勃起障害について、あなたはどれだけ知っていますか。

セックスレスのきっかけにもなり得る

セックスレスも今では、すっかり定着しました。セックスレスは、男性もしくは女性のうち、どちらかがセックスしたがってもできない状態を指しています。原因としては仕事による疲れでしない、家事や育児で忙しくてしない、相手に性欲を感じない、年齢が上がってきてセックスをするのが面倒、はずかしいなどがあります。

そんなセックスレスのきっかけに、勃起障害もあります。研究者の間では、病気のためのセックスがないのはセックスレスとは定義されませんが、勃起しなくなることによりセックスの回数が減り、いつのまにかセックスなしの生活になることは珍しくはありません。なので、勃起障害がセックスレスとなる可能性はあると言えるでしょう。

また、セックスといってもパートナーとの大切なコミュニケーションです。セックスができないからと、女性が他の男性と浮気をしたり、そらがきっかけで離婚するなんてこともあります。勃起しないことが実は大きなリスクを負っているのです。

なぜ勃起しなくなったしまうのか

いきなり勃起しなくなるなんことが、実際におきます。確かに年齢とともに勃起力は落ちていきます。しかし、30代、40代までならまだまだいけるはずです。早いと20代で勃起不全になってしまうのです。

でもはっきりと原因はわからず、個人ごとに違ってくるようです。但し、メカニズムとしては、勃起状態から普通の状態へと戻すPDE5と呼ばれる物質がセックスの最中には発生し、それにより勃起するのが阻害されているからです。普段はこの物資も害ではなく必要なものですが、何らかのきっかけで異常に働くようです。

さらに血管の動脈硬化により血液が流れにくくなってしまった、他の病気の治療による副作用などでも勃起しなくなることがあるようです。

勃起しなくなったときには、実は他の病気のサインかもしれません。勃起の治療の前に健康診断をしてみるのも必要なのです。
また、他の病気の治療薬によるかもしれないので、処方してくれる病院に確認することも必要です。そうであれば、治療と夜の生活との兼ね合いをどうするか相談しておきましょう。

治療にはED治療薬を使おう

やはり治療をするには、まずは病院やクリニックへ行くことをお勧めします。というのも、やはり専門の医師に見てもらった方が病状もわかり、治療方針もわかります。それを知ると安心して治療に臨めるでしょう。

さらにED治療薬が、他の病気の薬と影響して、重大な副作用をおこすこともあります。有名なのは硝酸剤です。これは、狭心症や心筋梗塞などで使われたりします。たとえば、硝酸剤とバイアグラを併用すると過度の血圧低下など重大な症状を引き起こしたりします。個人輸入した場合にはこうした情報も自分で探さねばならずに、かなり厳しいです。ですので、他の病気の治療中の人は病院やクリニックを利用しましょう。

何も病気の治療がない場合や予算に余裕がない場合には、個人輸入を利用するといいでしょう。

ED治療薬ではバイアグラが有名です。バイアグラの服用は1日に1錠、セックスの30分前までに飲んでおきます。できるかぎり食事前、つまりは空腹時に飲むようにします。食事をしてしまっえら、2時間ほど間を空けて飲みます。
また飲んでから20分から1時間くらいすると効きはじめてきます。効き始める時間と挿入のタイミングを計算することも必要です。最初はタイミングがあわないかもしれませんが、まずは何度か試していくといいでしょう。

あと、効果をあげたいときには、女性とのプレイを工夫して、性的な刺激を受けるようにしましょう。刺激がなかなか受け取れないのも、勃起しない理由の1つです。

普段はしないようなことにもチャレンジしてみて、興奮を感じるようになりましょう。大人の玩具やコスプレや場所を変えるなど試してみましょう。たとえ、勃起や挿入ができなくても、セックスをすることで、パートナーとの関係を良好にすることもできます。

ちなみにバイアグラなどは、結構高いです。ですので、大切に使わないといけません。飲んだら、まずはセックスにチャレンジしてみましょう。

ED治療薬を飲んで勃起をするようになっても、すぐに治療薬なしにしてはいけません。徐々に減らしていくようにしましょう。あと、勃起したときのぺニスの固さや持続時間もチェックしてください。ぺニスの難さと持続時間が持つようになってきたら、いよいよ勃起障害も全快も近いでしょう。